" /> ナプキン不要な生理用パンツを試してみた l じゃぱろん | じゃぱろん

ナプキン不要!な生理用吸水パンツを試してみた。

pants generations買い物

イギリスで女性が下着を買うお店と言えばマークス&スペンサー

マークス&スペンサーに限らずデパートなどでも、ここ数年「period knickers(生理パンツ)」というのが目につくようにはなっていたのですが。

イギリスっていうのは日本よりはるかに遅れている部分が多くある国なんです。

そして日本で売っているような定番の生理用パンツ(クロッチ部分が防水布になっているもの)はこちらで見たことがなかったんです。

だから吸水してくれるタイプの生理用パンツの存在は知っていたものの、日本より遅れているイギリスだからと、すーーっかり日本の定番・クロッチが防水布になってるだけの物だとずっと思っていました。

「日本の定番」なんて書きつつ、おそらく中学生以降、防水布の生理用パンツを使ってない私としては全く興味のない商品。

商品を調べることもなくスルーしていました。

 
 
 
が、たまたまマークス&スペンサーのサイトを見ていたらどこかをクリックしてしまって開いた「period knickers(生理用パンツ)」のページ。

その商品写真の中にこんなイメージ画像があり、ようやくただの防水布パンツではなく吸水パンツであることに気が付きました。

1.快適な層 2.超吸水層 3.防水層 と書かれている

普通に下着を検索して出てくる商品リストの画像ではパンツを履いているモデルか、パンツの商品自体の写真。

こんなんとか。これだけじゃ吸水タイプの生理用パンツだなんて全然わからない!
こんなんとか。この黒い部分が防水布だと思ってた。

 
 
 
あら!やだっ!

イギリスのくせに(なに様!?笑)防水布タイプを飛び越して吸水タイプの生理用パンツ、売ってんじゃない!

で、時はセール真っ最中。

通常2,000円(12ポンド)の商品が、なんとお買い得な1,400円(8.4ポンド)!

偶然開いたページでの出会い、それがなおかつセール価格。

これは買うしかないでしょう。

商品の口コミを見ているうちになんとなく気分が乗ってきてしまって、3枚入りお徳用(約3,300円、20ポンド)をほぼ買いかけたのですが、

「いやいや、まずは1枚試してみてからにしよう」

とセール価格ではあるものの、3枚入りお徳用に比べるとまだ割高な1枚を買ってみました。

 
 
 
吸水力には軽い日用と多い日用の2タイプあります。

口コミで

「まるでお股にクッションを挟んでるようだったわ!」

というマイナス意見を見かけたものの、大は小を兼ねる根性でなんとなく多い日用を選択。

夜10時までにオンラインで注文すれば翌日店舗で受け取れるとのことだったので、午後10時を回る前に焦って購入。

ちょうど生理中だったので、すぐに使ってみたかったんです。

…が。

翌日受け取ったメールには

「Sorry, your order is delayed.(ごめんね、あなたの注文、遅れてます。)」

と。

イギリスのこういうの、うんざりするほどしょっちゅうあります。

しかもちゃんと「遅れる」と連絡があるのは良心的だったりします。

せっかく10時前に焦って注文したのに~~~~~~。

更にその翌日には届くだろうと思っていたのに、音沙汰なし。

これがイギリスって国だよな。

1日2日の遅れにゃ驚いたりしないぜ!

そう自分を励ましつつマークス&スペンサーで買い物をして、家に着いた途端に

「アナタの商品、引き取り出来ます」

っか~~~~~!!嫌がらせ?!

タイミングに腹が立ちつつも、生理中にとにかく試したいので引き取りに行きました。

 
 
 
引き取って帰宅した後、すぐに洗濯機へ。

口コミに

「使用前に洗わなくちゃいけないなんて知らなかった!」

と憤慨している人がいたけれど、しっかりと封がされてないパッケージのパンツって、洗いたくなりませんか?

ようやく試せたのは、パンツが乾いたさらに翌日でした。

 
 
 
すっかり経血量は少なくなってしまっていたものの、とにかく履いてみた!

…。

…。

なんか。

履いた瞬間から股間がチリチリするんですが。。。

待って待って待って~~~~~!!

セール価格とはいえ1,400円!

だけど1秒で変なかゆみって…!!

すでに洗ってしまっているし、履いてしまったから返品できない!!

…。

…。

気のせい…かな?

いくらなんでも履いた瞬間に反応が出るわけ、ないか!?

うん、多分、気のせいだ。

そう自分をごまかして履き続けました。

 
 

ちなみにクッションみたいと書いていた人がいたので心配していた厚みは、それほどでもなく。

さすがに普通のパンツと同じ感覚というわけにはいかないけれど、クッションは大袈裟!

若干もさついて、温かい。というのが印象。

 
 
 
また上記の写真にあるようにクロッチ部分は黒い布になっているので、どれくらい吸水されたのかどうもわかりませんでした。

すでに経血量は少なくなっていたのに履いていたのは多い日用だったし、自宅での着用だったので今回は心配ありませんでした。

しかし吸水量がイマイチわからないので外で着用するのはやはり勇気がいるかもしれません。

商品説明では10時間着用可能となっているものの、吸水量に疑問を持つ口コミも結構多かったです。

※中学生の娘に履かせて学校へ行かせたら、血だらけになって帰ってきた!と怒ってる親御さんもいましたが…マークス&スペンサーは初回は家で試すことを推奨しています。

 
 
 
自分をごまかしつつ、4~5時間くらいは着用していたと思います。

しかしどうにも股間のチリチリかゆかゆに耐えられず、離脱。

そういえば私、もう10年以上、普通の生理用品を使っていなかったんです。

どうにも生理痛が重かったところ、知人に勧められた布ナプキン。

布おむつのナプキンバージョン、と言えばわかりやすいでしょうか。

使い捨てするナプキンではなく、洗って繰り返し使うタイプのナプキンです。

それを使い始めたところ、確かに生理痛が和らいだように思えました。

それからすっかり布ナプキン愛用者になったのですが、面倒なのがお洗濯。

そこで使い始めたのが100%コットン製の生理用品。

一般的な生理用品と布ナプキンの合いの子のような商品です。

一般的な生理用ナプキンと比べると割高ですし商品を買える場所も限られているのですが、数年の布ナプキン生活の後は普通の生理用品が使えなくなってしまっていました。

ニオイもコットンの生理用ナプキンに比べると一般的なナプキンを使っていると強くなるように思えます。

そしてぺったりと張り付く感じも嫌ですよね。

でもなにより、かゆくなってしまうんです。

そんな私が、生理用吸水パンツなんて使えるわけがなかったのかもしれません…!!

購入前に読んだ口コミには、吸水性や機能性に不満のある意見はありましたが、かゆくなるという意見は全くなく、すっかり失念していました…!!

しかも商品ページの素材表記は一見してわかるようにはなっておらずクリックして表示させないといけないものだったので、せめて目につくところに素材を書いておいてくれれば気付いたかもしれないのにな~なんて思ったりして。。。

 
 
 
たった4~5時間の着用でしたが、困ったのはその後。

チリチリパンツの着用から約2週間ほど経っていますが、まだかゆみが消えないんです…!!

ホント、参りました。

履いた瞬間のチリチリは気のせいじゃなかった…。

あの瞬間に脱ぎ捨てていたら、2週間もかゆみに悩まされなかったはず…!!

あ~~バカバカ、あの時の私のバカ!!

1,400円惜しさでこのカユカユ!!

もちろん口コミには多くの称賛意見もあり、だからこそ私もその気になって一時は3枚入りお得パックを買っちゃおうか、とまで思ったんです。

日本のAmazonや楽天の吸水タイプパンツの口コミも軽くチェックしてみましたが、かゆみが出るという口コミは見当たりませんでした。

日本のものはもう少し質が良いのか、私が敏感すぎるのかはわかりません。(が、そこまでお肌は弱くない方です。)

きっと合う人には最高の商品なんだろうと思いますが、お肌が敏感な方は素材に十分気を付けてくださいね!

コメント