" /> 日本人の性風俗に対する感覚 | じゃぱろん

日本人の性風俗に対する感覚

希海のぼやき雑記

友人と会った帰りの夜更けのバス。

二階の一番前に座っていたところ、日本語を話す男性二人組が階段を上がってきてバス二階の一番後ろへ。

フロントガラスに反射して見える程度なのではっきりとはわからないが、若くはない。

若くない日本人男性はスーツを着てる人を良く見かけるけれど、この二人はカジュアルな服装。

そして日本人にしては珍しく大声で話していて、一番前の私の席まで一番後ろにいる二人が何を話しているのか聞こえてきた。

 
 
 

人気バラエティ番組のプロデューサーがどんな経歴でどれだけ優秀か、また番組の企画や有名芸人のラジオ番組などについて話している。

…テレビマン?

ニュース番組系ならわかるけど、バラエティっぽい。

バラエティ班でも海外に駐在することなんてあるんだろか?

 
 
 

そんなことを考えていると、いつの間にか話題は変わっていた。

「休みの日は子どもと遊ばないといけないんス。死亡ですよ、死亡。」

「でもさ、子どもが大きくなった時のこと考えたことある?嫁と二人だよ、どうする?」

「いや~、考えられないですね、嫁と二人って。」

二人とも妻子持ちのよう。

 
 
 

バスが停車し、他のお客さんの乗り降りでさすがに会話は聞こえなくなる。

バスが発車して乗車客がみな席に着くと、次に聞こえてきたのはこんな会話だった。

「……で、風俗嬢だけだよな」

「この間、こっちに来て初めてベッドで(ガタガタッと音がして聞こえず)しましたよ。シャワー室に嬢が(ガタガタ、ゴトゴト)」

「基本、Sなんですけど好きな子にはSになれないんですよね」

「嫌われるのが怖いとか?笑」

 
 
 

もう一度言う。

二階建てバスの一番前に座ってる私まで、一番後ろに座ってるこいつらの声が聞こえてきたんです。

まさか日本人が乗ってると思わずにこれだけの大声で話してるんだろか?

しかも「好きな子には~」なんて発言は、妻以外の女性との話だわな。

…あー、サイテー。

ちなみに大声で性について話す日本人女性の話はこちら

 
 
でも実は、このテレビマンの言う「風俗嬢」という言葉に少し驚いた。

こちらでは日本でいうところの「風俗店」なんて聞いたことがない。

確かに売春宿というのはあるらしく、それらしき女性が雑居ビルの前に立っているのを見かけることもままある。

しかし日本みたいにピ〇サロだとかソー〇なんて細かい違いのある風俗店の話は聞いたことがない。

(一度、日本人女性で女王様をしているという方に会ったことはあるけれど…!!)

だから「風俗嬢」という言葉を聞いて、“えっ、ロンドンに風俗店なんてあるの?!”とそこに驚いてしまった。

そして「売春婦と経験がある」という話は聞いたことがあるけど、日本みたいに定期的に風俗にお世話になっているという男の人の話はここではほとんど聞いたことがない。

既婚者だけでなく、独身でもだ。

女性を買う人ももちろんいるのだけれど、ここではそういう人ってダサく見えるんだと思う。

お金を払ってそういう場所に行く=お金を払わなきゃ出来ないかわいそうな奴、という感じ。

バーやクラブで泥酔してる子でさえも引っ掛けられないんだから。

性経験のあまりない男の子が売春婦のお姉さんと経験してみたり、普段まったくモテない人がどうにもさみしくて買ったことがあるというのは聞いたことがあるけれど、ちょっと悶々とするから…で気軽に女性を買う一般人は聞いたことがない。

日本のように猫も杓子も性風俗にアクセスできるという風潮は、ここにはない。

 

以前、数人の友達とカフェにいた時、そのうちの一人が昔習っていたという英語学校の教師に偶然出くわしたことがある。

どうも私のことをチラチラ見ているなと思ったら、その教師は今は日本に住んでいるという。

そして私が日本人だということを確認すると、メイドカフェからキャバクラ、おっ〇ブはたまたピン〇ロなどについて得意げに語りだした。

私だけでなく、その話を聞いてるみんなが引いてるのに気付かず、話は止まらない。

最後には私に連絡先を渡してきた。

きーーーも!!!!

風俗関係の話を得意げにしてるやつと誰が連絡取りたいと思うんだよ?!

多分こいつは日本に住んでいる中で、日本人女性ならこういった話をしても許されると思ってしまったんだろう。

もー、本当に日本人の女の子はこういった外国人についていかないでほしい。

日本に住んでいた・住んだことのある外国人は低身長・禿げのブサイクだったりしてもなぜか上から目線で日本人女性のことを語ったりする。(そうじゃない人ももちろんたくさんいますが!)

どうか、どうか、勘違い外国人を増やさないでほしい。


また外国人は性に奔放な人ばかりではありません。

イスラム教徒やヒンズー教徒だったら性に厳しいイメージでしょうか?

ノンノン、キリスト教徒だって婚前交渉は(一応)ご法度なんです!!

日本人からしたら驚きかもしれないけれど、それを信じて固く守っている人は結構います。

20代後半のキリスト教徒で純潔を守っている人に、何人も会ったことがあります。

だから軽々しくボディタッチしてくる輩を “外国人だから?”というイメージで許すのもいかんし、“外国人だから~♪”という考えで簡単に寝るのもやめていただきたい。



 
 
 

私がいたころと日本は少し変わったんだろうか?

テレビで見てる限りは変わったようには思えない。

芸人がテレビで当たり前のように風俗の話をする。

だから一般の人も男は行くのが当たり前みたいな感覚になってる気がする。

でも有名人は一般人とそういったことをしてトラブルになるのを避けるために風俗に行くという理由があるのを忘れちゃいけない。

日本人男性でもそういったところに全く行かない人がいることも知ってるけれど、キャバクラなんかも含めたら行く人の方が多数ながする。

「男同士のつきあい」

「飲み会の締め」

それが”よくある話”なのはどうかと思う。

 
 
 

先日、日本にいる男友達Aから引っ越しの連絡があった。

ちょうどAの地元にあるハプニングバーが摘発されたとニュースで見たところだった。

その話を伝えると、共通の知人Bがそのお店に何回か行ったらしいよ、とAが言った。

あれ、Bは独身なの?とAに尋ねると、Bは二児の父親だと言う。

……二児の幼な子が家で待ってるのに、なんで地元のハプニングバーへ???

なんだかなー。

Aの引っ越しは最初の半年が単身赴任で、追って妻と3歳の娘がやってくるとのことだった。

娘の写真もついでに送ってきたりして。

3歳といえばかわいい盛り。

冗談のつもりで

「単身の時にハプニングバー行くなよ~」

と送ったら

「自らハプニングしなけりゃ許されると思ってるんだけど…甘いかな?」

と。

いやいやいやいやいや!!!!

かーーーーーーーーーーーーーーーなり引いた。

娘を愛しく思うのとそっちは別物!?

自らハプニングしなきゃ、って、じゃあ何のために行きたいの?!

見るため?見てひとりで興奮すんの?

こいつ、きんもちわるーーーーー!!

単身生活が長くなってきてさみしくてつい…なんて話は聞いたりもするけれど、こいつ、まだ赴任前。

妻子と離れる前から遊ぶ気満々。

一応、

「自らはハプニングしてないと言えば許してくれる奥さんなの?」

と返したけれど、返信はありませんでした。汗

 
 
 

日本にはそういったお店があるおかげで性犯罪も抑えられているんだと思う。

だけど本来はパートナーもいないし頑張ってもパートナーどころか一夜の酔った過ちすら起こらない、どうしようもない人たちが行く場所なんじゃないかなぁ。

少子化の理由は保育所の不足だとか経済的不安だけじゃなく、これも大きな一因だと思う。

性風俗へ行くハードルがあまりに低いから、仕事を頑張ったり外見を磨いたりしてパートナーを得ようと努力することなく、お金で性欲を解決。

結婚相手とは飽きちゃってレスだから、お金払って他で性欲発散。

性風俗へ行くことがあまりに一般化しすぎてしまって、女性たちもそういった男性に寛容になってしまっている気がする。

風俗へいくことが社会的にあまり大声で言えるようなことじゃなければ、女の子を捕まえようと必死になるし、パートナーとのレス解消ももっと積極的に取り組むかもしれない。

様々なニーズに対応する日本のサービスは素晴らしいけれど、性風俗に関してはもう少し不便になってもいいんじゃないかな、と私は思う。

コメント