" /> 5つ星ホテルでの日本食inロンドン | じゃぱろん

ロンドン・5つ星ホテルでの日本食

hotel restaurant場所

イギリスでも人気のある日本食。

お寿司は大好きな人は大好き、でもまだまだ生魚に抵抗のある人も多い日本食。

しかしここ10年くらいでイギリスでかなり広く知られるようになったのはカツカレー。

韓国人が創業した日本食のファストフード店、WASABIというチェーン店がカツカレーをイギリスに広めた気がします。

WASABIのカレーは少し油っぽいのですが、お店の数メートル先から漂う香りに負けてしまうことがしばしば。

いまや普通のスーパーでカツカレーセットを見かけたり、カツカレー味のポテトチップスが発売されたりしています。

またここ5年くらいで人気が出たのはラーメン。

一風堂がロンドン進出を果たしたのに加え、多くのとんこつラーメン店がロンドンに出店していて、どのラーメン店もたいていほぼ満席です。

そしてこれから人気が出そうなのは、うどん。

日本食好きな人には以前から知られていたうどんですが、ここ数か月中に丸亀製麺や杵屋がロンドン進出し、注目度が上がっているように感じます。

 
 
 
日本人としては、馴染み深い日本食の店がロンドンにオープンするのは嬉しいのですが。

ためらってしまうのは、そのお値段。

数年前にこれまたロンドンにオープンした、カレーのココ壱番屋。

ロンドンでのお値段は2000円前後…。

オープンして1度は行ってみましたが(しかもめっちゃ並んだ)、さすがにカレーに2000円は払いたくない。

1度でいいやという感じ。

ラーメンも同じく1杯2000円弱です。

でも本格ラーメンはさすがに自宅では作れないので、時々食べに行ってしまいます。

 
 
 
前置きが長くなりましたが、日本食の好きな友人に頼まれて、日本の食材が売っている日系スーパーへ連れていってあげたときのこと。

「これ、これ!」

と言って彼女が指さしたのが、日本でもおなじみ、味の素の餃子。

ヨーロッパ版の冷凍餃子です。

「知ってる?うちでこの餃子、出してるのよ」

彼女が勤務しているのは、ロンドンのど真ん中もど真ん中にある、おしゃれな5つ星ホテルです。

え?え!?まさか!?

「シェフがこの袋を冷凍庫から取り出してるのを見た時はビックリしちゃった。うちではこれが3つで12ポンドよ」

12ポンドに5つ星ホテルのサービス料を加えたら、2021年9月現在では2300円ほど…!!

あ り え な い!!!!

ありえなくないですか!?

ノンノンノンノン…!!!!

イギリスで人気のある日本食は、ホテルや高級レストランでも多く見かけます。

でもさすがに餃子3つで2300円というお値段、いくらロンドンど真ん中の5つ星ホテルでもどうなのよ、って強気設定なのに、まさかの冷凍餃子!

ちなみにスーパーではこの30個入りが約5ポンド(760円)!

それを喜んで堪能するセレブ達!

しかも笑ってしまうのが、「餃子」の発音。

「お客さんが『GYOZA』って言ってる時、最初は何か、わからなかったわ」

餃子?

ぎょうざ

ギョウザ!

GYOZA!!!!

GY(ガイ)O(オー)ZA(ザ)っっ!

おーまいがっっ!!

『ガイオーザ』ですってよ!?!?!?

もし誰かに

「私、ガイオーザ好きなんだよね~」

なんて言われても、日本とは関係のないものだと思ってたはず…!!

 
 
 
だけど、もっとわからないのはこちら。

ガイオーザを経験したアナタなら、きっと推測できるでしょう…。

から揚げ、が英語風に発音されるとどうなるでしょう…?

ちなみに『からエイジ』ではありませんよ…。

そうです、

カラージュ!!!!

カカカカカ、カラージュ!!

(しかもこの「ラ」はRですからね、舌を巻いての『カラージュ』ですよ!!)

ぜーーーったい、絶対わからない!

チキン・カラージュ。(Rの巻き舌、忘れないように。)

フランス料理かなんかかと思っちゃいそう。

昔、和食レストランで『エダマーミー』(枝豆⇒EDAMAME⇒エダマー”ミ―”)と金髪のウエイトレスさんに何度も言われても、頑なに「枝豆」と日本の発音を貫いた私ですが、カラージュまで行ってしまうとさすがにお手上げ。

そしてもちろん。

から揚げがカラージュと呼ばれているってことは…?

そうです、この5つ星ホテルではから揚げも提供していて、こちらも味の素の冷凍から揚げだそうです。

 
 
 
さらに暴露してしまうと、このホテルで提供しているアフタヌーンティーのセット、スコーンやらケーキやらも全て冷凍とか…。

3つで2300円の冷凍ガイオーザ&チキン・カラージュ、冷凍アフタヌーンティーまでいっちゃったら、もう何も驚かないと思っていたけれど。

まさかのまさか。

数か月後に彼女からこの写真を見せられた時は驚愕しました。

この5つ星ホテルで提供しているパスタは、このパスタソースを使っているそうです…!!

イギリスに住んでいる人ならわかるはず、これってどこのスーパーでも売ってるパスタソース!!

本当にひどい…!!!!

もうもうもう、信じられない…!!!!

怖い、怖い、怖い、このホテル、怖すぎる…!!!!

5つ星ホテルって、どれだけ美味しい料理が堪能できるかも大きなポイントですよね?

日本食は馴染みがなくて冷凍を使っているのかも…。

アフタヌーンティーはパティシエがいないから冷凍を使っているのかも…。(とはいえやっぱり、5つ星ホテルではありえないけど!)

でもさすがにパスタソースまでスーパーの瓶詰めって!

それがあんな馬鹿々々しいお値段って!!!!

ここのシェフ、給料もらう資格ないでしょ!?!?

 
 
 
日本から旅行で来られる方。

ロンドンのど真ん中のど真ん中にあるホテルであれば、立地だけでそれなりのお値段になるでしょうけど、お値段のするホテルだからと言ってレストランに期待しない方がいいかもしれません。

ホテルを選ぶときはお部屋の様子や立地を考慮して、ホテル内のレストランは重視しない方がいい気がします。

フィッシュ&チップスやローストビーフ、シェパーズ・パイなどのイギリス料理は試してみるのもいいですが、取り立てて美味しいわけではありません。汗

ロンドンではイギリス料理というより、各国の移民たちが商う、日本ではなかなかお目にかかれない、珍しい国のレストランなんかを試してみてもいいかもしれません。

ちなみにこのホテル、レストランいずれもグーグルレビューで4つ星以上の高評価です。(こわ!)

どうか日本人の方がカモになりませんように…!!

 

この記事を気に入ってくれた方は↓の♡マークを押していただけると、更新頻度の上がる可能性が高くなります。…どうぞよろしくお願いします!!

コメント